個人輸入代行簡単に紹介する

個人輸入代行の定義

個人輸入代行とは、個人が使用するために海外から製品を輸入する際に必要な手続きを、 ご本人に代わって行うことをいいます。通常、海外の製品はその企業の現地法人、あるいは日本での代理店が国内の市場に流通させて販売することになります。それに対して個人輸入の場合は、直接現地の企業や店舗とやりとりを行い、注文・購入することになります。つまり国境を越えた形で取引を行うことになるのです。

個人輸入代行の特徴

個人輸入代行のサービスでは、製品の発注から納品までをお客様の代わりに代行会社が責任を思って輸入の手伝いをするということです。その特徴としてはアメリカであれば「アメリカ国外に販売していない、ショップやメーカーから購入することができる」ということや、お客様専用の「アメリカの住所を持つことができる」「英語でのやり取りをする必要がない」「商品価格に上乗せしない」「店頭買い付け」「米国内での消費税はかからない」「発注・荷受・検品・同梱包発送までのサービス」「最長45日間の無料で保管ができる」「国際送料にディスカウントレートを利用できる」「封筒からコンテナなどの数量や大きさなどの関わらず取り扱う」「アメリカ認定の輸出ライセンスを取得している」「動植物などの扱い」ということなどのサービスを行っている代行業者の特徴などがあります。そのほか、輸入規制や関税などにおける相談などにも問い合わせできるということです。

個人輸入代行の長所

人々の観念の変化によって、多くの若者は、ぜいたく品などを消費します。勤務環境の制限し、时间の余裕がないし、また彼らの所得水準を完全に満足のできない製品を購入する欲望、よく解決します。個人輸入代行商品価格でが絶対的な優位にある、しかも便利で、国内の選択がさらに豊かになっります。さまざまな利点によって個人輸入代行が広大な市場を持ちます。

個人輸入代行業者とは

近年のインターネット普及に伴い、ネット上で注文を受け付ける業者も多い。 業者ごとに得意分野があり、家具に強い業者や車に強い業者などが存在する。 なお、輸入代行業とは通関代行(乙仲業者)のことをさし、個人輸入代行者とはまた別の業種である。