個人輸入・海外輸入ポイント

日本より安価な商品や、日本未発売の商品が手軽に購入できる個人輸入・海外通販サイトが最近とても人気があります。しかし、多くの人は個人輸入・海外通販についてただ聞きました。実ははっきり知っていません。または、個人輸入・海外通販に悪い印象、あるいは多くの疑問を抱きますので、今回は個人輸入・海外通販初心者と疑問を抱く人々向け個人輸入・海外通販について皆様最も関心があるポイントを説明しております。ご参考してください。

言葉について
海外から商品を個人輸入すれば、世界通用言語である英語を使うことが当然的です。もちろんしっかりと英会話、または電話、メール・手紙ができることが必要がありませんけど、ただし契約面については、非常にデリケートな内容になりますので、ネイティブで英語が使える人に確認して貰うなどことが自身の英語力を補う必要があります。しかし、心配しないでください。実は、現在日本人向けの海外サイトが多くなります。または日本国向けのサイトは一般的日本語で表示しています。

発送について
個人輸入で海外で購入した商品は国外から日本に向けて発送すべきです。現地から発送してもらうため購入元の作業になりますので、国内の宅配便と違って、国際便の場合は扱いが雑でさまざまなリンクがありますので、折角個人輸入した商品が壊れてしまうなんていうトラブルも良く発生して、正直言えば、仕方がなく、避けることができません。そのため、発送の際には、保険の有無の確認と可能であれば日系の宅配会社に頼めると安心感が持てます。

関税について
個人輸入・海外通販でも一定額を超せば、関税をかかることが必要です。一般的には税関では関税、消費税、通関手数料種類などの三つがあります。または、個人輸入の場合は、商品価格の60%が関税を計算するときの基準になります。つまり、関税の計算は次のように:
商品価格×60%×(関税率+消費税率)+通関手数料(その中で、16,666円以下は免税)
その以外は別の状況もありますので、購入するときにまじめに購入サイトで関税についての話を読んでください。