個人輸入の関税について

商品を輸入する時、個人 法人に関わらずに支払わなければいけないものがあります。それは関税、消費税、通関手数料です。
関税額 = 課税対象額(商品代金+送料+保険料)×関税率
個人輸入をした場合、課税価格(小売価格の60%)が10万円以下の場合は簡易課税(比較的安価)が、課税価格が10万円を超えると一般税率(高額)が適用されます。よって、課税価格は最低でも10万円以下に抑えるようにしましょう。
関税とは海外から輸入する商品に対してかかる税金のことで、関税の対象となっている場合は税金を払わねばならず、せっかく海外通販でお買い得な商品を見つけても税金分で損してしまうこともあります。
■税関でかかる費用■
・関税
・消費税
・通関手数料
商品価格の60%が「課税対象額」となります。
国外ショッピングサイトの方が安いからといって税金を無視していると、思ったより費用がかからないように注意します。 手間と計算を考えれば国内で購入した方が楽だったという場合もあるでしょう。
「脱税」について身近なものであると考えている人は少ないでしょうが、 商品を購入して輸入する際には、脱税行為を行わないように十分に注意する必要があります。