個人輸入の場合、どんな注意事項がある?

個人輸入とは、はっきりとした定義はありませんが、一般的には「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」といわれています。 日本では一般的に販売されていない海外の製品を、インターネットやレターでオーダーし、国際郵便小包で取り寄せる方法は、昔から利用されてきた「個人輸入」の手法です。

個人輸入の場合、いろいろなメリットがありますけど、薬事法や税関、品質、安全性などのいくつかの注意事項を重視しなければなりません。日本で認可されていない薬品についても個人で使用する限りおいては個人輸入が認められています。ただし、輸入者本人が使用し、第三者に譲渡・販売しないことが条件となっております。医薬品は、薬事法により1回の個人輸入で、通常2ヶ月分までは認められておりますが、要指示薬(医師の処方箋が必要な薬品)については、一度に1か月分のみしか輸入できません。この場合においては処方箋は必要ありません。

税関で個人ではなく複数として輸入していると考えられるものは個人輸入として認められない可能性があるということです。だから、友人などと一緒に購入・輸入する共同購入は、すでに「個人」という枠を超えてしまっているので、商業用として判断をされてしまっても仕方ありません。また、これに関しては輸入目的よりも輸入する量、品物さらには通関士の判断で解釈が変わってくるようなので、ある程度の(同一商品の)量をまとめて輸入するのであれば、前回大丈夫だったからとか他の人が大丈夫だからといって100%大丈夫とは言えないようです。

個人輸入する際、偽物や類似品を購入することが少なくないと言われていますが、注意してください。