個人輸入代行について

インターネットを活用した個人輸入代行が注目を集めています。耳にしたことがある人やさまざまなメリットを聞いたことがある人も多いでしょう。では、個人輸入代行とはいったいどのようなものなのでしょうか。

日本では一般的に販売されていない海外の製品を、インターネットやレターでオーダーし、国際郵便小包で取り寄せる方法は、昔から利用されてきた「個人輸入」の手法です。通常、海外の製品はその企業の現地法人、あるいは日本での代理店が国内の市場に流通させて販売することになります。

個人輸入のメリットについて

・入手しにくい品物が手に入る
日本では販売されていない商品が手に入ることがある点も、個人輸入の魅力の一つです。病院等に忙しくていけない・病院は嫌いだから行きたくない・病気によっては病院に出入りしている所を近所の人や会社の同僚や上司等に見られたくない等の場合には、大変便利な方法であると言えます。病院等に忙しくていけない・病院は嫌いだから行きたくない・病気によっては病院に出入りしている所を近所の人や会社の同僚や上司等に見られたくない等の場合には、大変便利な方法であると言えます。

・比較的安価である
とくに円高の時期は、海外のショッピングサイトで注文したほうが、同じ商品をより安く購入できる可能性があります。病院等に忙しくていけない・病院は嫌いだから行きたくない・病気によっては病院に出入りしている所を近所の人や会社の同僚や上司等に見られたくない等の場合には、大変便利な方法であると言えます。

個人輸入デメリットについて

・個人輸入は自己責任
製品の効果や副作用・偽物のリスクも全て含めて個人輸入で手に入れたものの使用は完全自己責任となります。つまりいかなる障害が起こったとしても誰にも責任を問うことはできないということです。少々理不尽に感じるかもしれませんが、原則的にそういうルールになっているので、もし裁判を起こしたとしても勝てる可能性は低いと思います。

・重篤な副作用の危険性
医師を通さず自己判断で入手し服用することで、思わぬ副作用が発症する可能性があります。また、日本未認可の薬品やサプリメントを使った時も同様です。軽度の副作用であれば、問題ありませんが、アナフィラキシーショックに代表される、重度のアレルギー反応や、 重篤な副作用が起こる可能性は否定しきれません。

医薬品の個人輸入代行について

海外の医薬品は、個人で購入して自分で使う範囲なら輸入が許可されています。購入の際に、輸入に関する難しい手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者の存在。医薬品の個人輸入による購入は、「処方箋不要で購入できる」「薬の費用を節約できる」「購入の手間や時間がかからない」「人目を気にせず注文できる」「レビュー等を参考にできる」等の利便性が考えられます。

でも、海外では、正規メーカー製品の偽物が多く出回っています。例えば、インターネットで手に入るED(勃起不全)治療薬は、半分以上が偽造品であったとの調査結果も出ています。精巧に作られているものも多く、見分けるのは非常に困難です。そして、女性用媚薬を購入する際にはしっかりと見極める必要があります。媚薬正規品通販専門店でご購入した方がいいと思います。もし、わからない問題があったら、是非サイトのスタッフとご相談してください。

海外医薬品正規品通販サイトは世界の医薬品を取り扱う通販サイトです。三大ED治療薬バイアグラやシアリス、レビトラ及びジェネリック医薬品を中心に、女性用媚薬、育毛剤、避妊薬、性病薬などの海外の医薬品を輸入代行いたします。国内で購入できない薬を買いたいなら、海外医薬品正規品通販サイトにお任せ下さい。